時間

60×60×24=1
お分かりだろう、秒×分×時間で一日の長さを表した数式である。

今週からサッカー部の練習、活動が来月10日までオフになった。 12日間。昨日は終わってしまったわけだから、残り11日間、正確には約10日と8時間。 長いか、短いかは別にして、サッカー部の生活習慣から考えると、この残り10日と少しは貴重であることには間違いなさそうだ。

人間生きている時間はバラバラでも1日の長さは世界中誰でも1分1秒コンマ1秒ですら変わらない。 おそらく唯一であるう、この世で人類平等に与えられているものだ。
しかし、その人間の生き様しだいで、世界的な名誉をてにする者もいれば、巨額の富を築くものもいる。その一方で、ろくに自立もできずに社会の荒波に呑まれ、その日しのぎの生活を送る者いる。 
今朝、毎度お馴染みの慶應病院小児科に行ってきた。 待合席で待つ僕の横に座った親子がいた。子供はおそらく30歳弱のだらしない日本代表、母親は60歳手前の品の悪いババァであった。
人を外見で判断することは、僕は大嫌いだ。しかしその親子は、どう見ても親バカが育てた結果、なんの自分の武器も持たずに社会に出ることを恐れ、自立できない子供が育ってしまったとしか見えなかった。 ちなみに、会話を聞いたり、見た感じ、その子供に身体的障害は特になかった。

もちろん、企業に勤め、平均的な収入で平凡な生活を送り、社会に適用している者もいる。

どれが正しいか、どれが間違っているか、そんなことはここでは問わない。 もちろん幸福を得るためには多少の所得、収入が必要なのは間違いない。ただ、だからといって金儲けだけを考えて好きでもない職種に就き、給料のことだけを考えてリクルートスーツを着るのだけはごめんなのだ。 綺麗ごとかもしれない、社会人の皆さんには「バカかおまえ、現実そんな甘くない」と説教をいただくかもしれない、けれども一度しかない人生、好きなことをしてお金を稼ぎたい。これが極論である。
a0049167_16242770.jpg



このオフ、遊びたい、バイトしたい、買い物したい、美術館行きたい、旅行したい、ちょっとまじめに勉強したい・・・・。 やりたいことはきりがない。しかし、オフ期間は限られている。すべてやるのは不可能である。 だからどれに対しても、やるときはまじめに取り組みたい。 

遊ぶにしても、「あぁ時間の無駄だったよ」とは絶対思わないようにしたい。 
買い物でも「ただ歩き疲れた」では終わりたくない。
そういうことだ。


自分も含め、このブログを呼んでくださっている9割以上の方は慶應義塾大学に在学している。日本屈指の恵まれた環境に身をおいているのである。
だからこそ、時間を大切にしたいし、してほしい。 自分次第で先に述べた極論を行うことは可能かもしれない。そう思ってきた。
一般的にいったら就職活動を始めるまでに2年。2年である。(60×60×24×365)×2。 
魅力ある人間に、幸せな人間になりたい。

全部まじめにやろう。そして、いろいろな事をまじめに考えよう。

まずは残り11日。無駄にしない。


 
[PR]

by shibapiero | 2005-11-29 16:21 | feel

<< Let's go Ec... スポーツブランドもわるくない >>