幸せって・・・幸せになりたい。

「世界がもし100人の村だったら 4」
今、フジテレビで上映していた番組です。

番組で、こんなことが言われていました。

世界がもし100人の村だったら・・・

1人が大学に行けます。
2人がパソコンを持っています。
でも、14人は文字が読めません。


どうやら、これが「現実」のようです。 

世間知らずの僕は、恥ずかしながら、「ストリートチルドレン」という言葉を知りませんでした。 ロシアの隣国、ウクライナにはストリートチルドレンが10万人もいるようです。


また、ある少年は、宝物は?と問われると、「(ボロボロになった)ボールペン」と答えていました。


8歳で両親に捨てられ、結婚を約束した彼氏に逃げられた、14歳の少女。
彼女は二児のシングルマザーでした。


“幸せ”ってなんですか?


話は変わりますが、この神様のいたずらとも言うべき、今年度の総理大臣杯の組み合わせ。
しかし、今日慶應は負けました。

そして、心のどこかで・・、いや、おもいっきり、会えるんじゃないかって、勝手に期待している自分がいました。

「あんなチャラチャラしたの、サッカー部じゃない。」
そのチームに今日、負けたのは一部員として心底悔しいです。

東京駅から自転車での帰り道。わざと遠回りをしてみました。
1501曲入っている、マイ i-podのトップ25で不動の一位を張る、
MCU feat. Ryoji 「いいわけ」をリピート再生しまくりました。
「歌詞(ことば)が胸に刺さる」って、このことでしょうか。


“幸せ”ってなんだろう?


なんなんでしょう、“幸せ”って。



渦中の村上さんも、あんなにお金稼いで、幸せだったんでしょうか?


テレビを見て僕の今いる環境は、これ以上ないくらい幸せなものだと、改めて感じました。
でも・・・


ブラウン管を通して映ってきた、彼らからすれば、僕の悩みなんて、ちっぽけだろうし、間違いなくちっぽけです。
でも・・・


明日、自分のIリーグ、出れたら頑張ります。それしかないです。
そして、来週、原一樹率いる駒沢に、こてんぱにやられて欲しいです。




 
[PR]

by shibapiero | 2006-06-03 23:31 | feel

<< 06.11の奇跡 ~havai... サプライズとマルケス >>