2万人vs10億円

昨日、サッカー部から初めて「OBへのお便り」のようなものが届いた。
「早慶戦のチケットを10枚買ってくれ」
というような、案内も入っていて、
引退しても早慶戦チケットに振り回されるのかよ(苦笑)、
と思いつつも、会報に目を通しながら“OB”にになったと感じた。

さて、サッカーの母国では、G20による「金融サミット」が行われた。

内容は、今朝の日経新聞を読むとして、
昨晩4月よりリニューアルされた「NEWS 23」を見て、
ロンドンの金融街シティで起きた大規模な暴動の凄まじさに驚いた。
a0049167_7582759.jpg

反資本主義者や反グローバル主義者ら2万人と、
それに立ち向かう10億円をかけて結成された警備隊。

サッカーのフーリガンと一緒で、すぐカッとなりやすい英国人だから、
と解釈すればそれまでだが日本ではまず見られない光景だなと思った。

日本でデモと言ったら、大手町か霞ヶ関周辺で、1000人程度で、
「◯◯絶対反対」と書かれた横断幕を持って
大名行列をなしている団体はよく見かけるが、その程度。
a0049167_8102352.jpg

当の英国はなぜ逼迫した状況にあるかというと、
先日、青山のアントニオに「にんにくとオイル」を食べに訪れたとき、
隣のテーブルに座っていた金融に詳しそうなビジネスマン達の会話で、
「英国は、中東に多くの投資をしていて、近年のオイルマネーの高騰で潤っていたんだけれど、原油バブルが崩壊したから、英国の金融はいまメチャクチャなんだ。」
と話していたのを聞いた。
確かに、4月からの燃油サーチャージは1-3月の価格よりも、
1/4程度に下がったし、きっと大変なんだろうと・・・。

それだけ英国や世界は困窮しているのだなと思うと同時に、
「円高」に対して、昨年の日経平均株価の下落率は過去最大であり、
先進国で見ると最高水準の下落率という異常事態が起こっているにも関わらず、「平和ボケ」している僕たち日本人は大丈夫なのか・・・
暴動を起こすのがいいというわけでは勿論ないけれど、
自分たちはもっともっと危機感を持った方がいいのでは、
と思うのでした。



「今日の一枚。」
GR-Ⅱを買ってしまいました。
いつものキーボードも少し違う表情に。
a0049167_8241543.jpg


今日は、最高気温17℃と最高の天気です。
久々に何も予定がないので、GR片手に、“春”を歩こうと思います。
[PR]

by shibapiero | 2009-04-03 08:35 | feel

<< キャットストリートの春。 植村葉子の存在感(続編) >>