大盛況の後に思う事。

LIVE ECLIPSEは550人もの方に来場頂き、
お席をご用意できずに立ち見の方には申し訳なかったけど、
本当に素晴らしいイベントとなった。

a0049167_20193929.jpg
(今日はgoogleのTopも皆既日食に)


上海の土砂降りの映像と、トカラ列島の曇って全く見えない映像が届いた時は、どうしようと思ったけど、
武漢と硫黄島は文句なしの天候で、
特に、硫黄島のダイヤモンドリングをバックに、ダンス、ワグネルの演奏は贅沢の極みであった。
(オペレートで一瞬しか見られなかったけど 涙)

しかし綺麗と思った一方で、いくら最先端のネットワーク技術と高画質映像で見ても、
LIVEには絶対勝てないんだろうなと痛感した瞬間でもあった。


このイベントの開催を通じて皆既日食の素晴らしさはとても感じることができたが、
やはり生の空気で、(太陽が隠れるために)一瞬ひんやりした状況の中で見るのとでは
全く味わう感動が違うんだろうなと思った。

だから彼の著書にも書いてあったが、
結局バーチャルな世界は、リアルな世界を絶対に超えられないのだなと。
それを身を持ってわかることができた。

バーチャルはあくまでも手段。全てのベースはリアル。
最高のリアルを得る為に、最高のバーチャルを使う。


こういう感覚を大切にしていきたい。


次の皆既日食は、2010年7月11日。イースター島を含むポリネシア、チリ南部およびアルゼンチン南部
日本では、2035年9月2日。日本でも富山と茨城を結ぶ一帯で見える

いつか生で見てみたい。




LIVE ECLIPSEのメンバーと、特に最後まで頼りっぱなしだった安部さんにこの場を借りて感謝したい。

はぁ、眠ぃぃ。。(苦笑)



「今日の一枚。」
ついに市場にも出てきましたね、最先端バーチャルのひとつ、AR。
つまり最高の手段のひとつか。(だと思う。)
ARチームに詳しい事聞きたいです。
a0049167_20152917.jpg

[PR]

by shibapiero | 2009-07-22 20:30 | feel

<< 09S/Sの総決算 46年ぶりのダイヤモンドリング >>