雑食。

巷では雑誌が売れない、雑誌がなくなると言われているが、
やはり雑誌というのは、今の時代に於いても情報収集する上で最も有効な手段のひとつだと思う。
少なくとも僕はそうだ。
a0049167_23543665.jpg
(それにしても、この佐々木希可愛いな・・)

ほぼ毎日10分程度の立ち読みをするのが日課なのだが、
今日は久々に夜が少し早く終わったので、本屋さんで小1時間ほど立ち読みをしくるった。

ここ最近はインターネットで情報を見る事も多くはなったけど、それはあくまでも情報の「確認」であり、
僕自身の一番の情報源は、雑誌と、自分の足で街に出て“見て触って喋って”得る情報である。
それは雑誌に出会った小学校5年生から今に至まで変わっていない。
(もちろん、雑誌に載っている情報の半分は、実際とズレがあるということを認識したうえで)

さて雑誌といえば今日、自宅に送られてきた、「慶應SPIRIT」という雑誌。
〜すべての塾員の皆様へ〜というサブタイトルだから、慶應大学を卒業した全塾員を対象に送られてきたものか。

その中に、注目すべき人物がお二人載っていた。
一人は、KMDの稲見教授
この方は、まさに未来を作っていってる人物の一人で、その鋭すぎる思考能力で尊敬すべき先生のひとりだ。
「現実と異なるところに現実的な世界を作るのではなく、現実があるところにコンピューターにより生成された情報を重畳(ちょうじょう)し、五感を使って(コンピューター)に接することができるようにする。」
まさに未来の先導者のひとりである。

そして、もう一人注目すべき人物が。
それは、某大手商社で大活躍されている、岡田慎太郎、ではなく岡田慎平さん。

みんな、見て見てね!って書こうと思ったけど、
商社勤務の寮組の皆様やB藤くんなど、こっちに届かないよ・・(涙)という方の為に・・スキャンさせて頂きました。
a0049167_23521821.jpg
早く、会いたいです。


<最近嬉しかった事>
★大輔さんが乳がんの撲滅、検診の早期受診を促す世界的キャンペーン、「ピンクリボン」のロゴデザインコンペで賞を取ったこと。
大輔さんの、デザイン、特にロゴデザインに対する、情熱がまた形となったのは本当に嬉しいし、尊敬する。

★慶應サッカー部の若き至宝、河井陽介が世界で羽ばたいたこと
やるね、やっぱり。 「日本代表で、山中行けません。」とか言ってみたいね。w






「今日の一枚。」
今日うちにこいつがやってきた。
a0049167_0114433.jpg
結構うちは潤ってるってことなの?
[PR]

by shibapiero | 2009-08-06 00:15 | others...

<< 『押尾ショック』 一言の重み >>