ハイパー・ノマド

まず、前回の銀座ランチ編で書き忘れた2店舗から。

登亭(4丁目/うな重)
(博品館の上や東銀座にもありますが、銀座店を。)GUCCIの角を曲がってすぐ。
老舗登亭の鰻。お昼時は必ずと言っていい程、並んでいる。
しかも、うな“丼”なら¥1,000で食べられる。肝吸いセットは+¥100。


煉瓦亭(銀座3丁目/洋食)
3丁目交差点、Appleの角を曲がって、ひとつめを右折。50mほど行って右手。
こちらも昔からある由緒正しき洋食店。
佇まい、中の雰囲気がすごい。海老フライやフライ・コロッケ類はこれ以上ないほど美味しい。
昼夜変わらず、どれもだいたい¥1,500くらい。
日曜日は定休日だから、ご注意を。


ということで、前回の加筆はこれくらいにして。

4月からフルで来たせいか、
8月は中旬くらいまで、自分のなかのエンジンがかからなかった。
でもようやく今週になって、焦ってきたのか、エンジンがかかるようになってきた。
(サッカー部のHPを見たら16日からOFFがなかった・・、さすがだ。)

今日、というかさっき、久々に「EPIC2014」と2015を見た。

googleが出来てまだ11年か、と再認識する。
Gmailが出来て、まだわずか5年。
確かに「グーグルゾン」は出来ていないけど、大筋の方向性は今とズレていない。
そしてなかなか考えさせられる。


「情報(やプロダクト)を適切に整理して、的確に相手に伝える。」
最近の僕のキーワードとなっている言葉、いや自分のやりたいことと言った方が正直かもしれない。

情報やプロダクトはもっともっとパーソナライズされていくし、そうなるべきである。

ハード面、ネットワーク面はあと5年も経てば、かなり理想に近づいているだろう。
なんとなく、ほんとになんとなく「こうなるんだろうな」というのは見えてきた。
しかし、一方で、10年後は全く分からない。20年後なんてなおさら。

でも最近、すごい深い言葉を聞いた。
「情報ってのは正確に伝わらないと思っているんだ。」

それを自分なりに掘り下げるとこんなことになるのか。
環境は整備されても、人間は今と比べて利口になるかと言ったらそうでもないと思う。
人の感情、エモーション、なんていうのはそんなにというかほとんど変わらないだろう。
だから伝え方の選択肢をなににするのか、
そして伝える先は国民ではなく、地球規模になることで、
どう伝えればいいかのアイデアはもっともっと難しく、そして価値のあるものになるだろう。

またそれと並行して、どこかに書いてあったが、
知識、ネットワーク、技術、ハード、ソフト・・
「それを使いこなす人」と「使いこなせない人」。
そして「ハイパーノマド(遊牧民)」と「下層ノマド」に分かれていく。

感覚として、いま散らばっている知識がいまいちまだ一直線にきていない。
同時に最近自分の知識や、経験、技術が明らかに足りていないという感覚がある。
知識、経験、技術・・自分なりの解はまだまだ出てきそうにない。

でもこうしている間にも、今日も、時代は進んでいる。








「今日の一枚。」
欧州移籍を果たした、元青学・中村祐人。
a0049167_14102491.jpg
凄いねー!
[PR]

by shibapiero | 2009-08-21 14:19 | feel

<< 今年もヨーロッパが動き出す。 美味しいランチ 【銀座編】 >>