君子豹変

僕はこの国の将来の成長戦略に対するビジョンや、グローバル経済に対して消極的な姿勢の
次期総裁の鳩山さんに対して、もともと不信感があるのだが、
いま噂の「鳩山論文」に、NYタイムズやワシントンポストなど多くのアメリカメディアが、反論・警戒しているというニュースがいろんあところから伝わってくる。

鳩山論文なんて?と思っていたら、
昨日の報道ステーションの日米関係に見識のあるゲストコメンテーターの発言を聞いて納得した。
「日本ではそんなことないかもしれないけれど、海外では鳩山さんにはとてもバリューがある。なぜなら、53年間の自民政権をひっくり返した人は誰なんだ!という非常に注目度の高い人物。HATOYAMAってどんな人なんだ?と世界が注目している。」
確かに、そりゃそうだ。
海外から見たら、日本の古い政治をぶっ壊したオバマと並ぶ改革者として見られているかもしれない、と気付く。でも期待感があればあるほど、その手腕が問われてくるはず。
オバマだって、医療・保険問題の是正がいまいち進まないことなどから、いまは支持より不支持のほうが上回っているという。今朝の日経の社説にもあったように鳩山さんには、「君子豹変」を期待したい。


さて、ちょっと嬉しいことが。
ソッカー部テクニカルスタッフの松田の一生懸命さが伝わってくる。
森本さんblog「勉強会」
金房離脱後も、松田がいれば安心か。

アマチュアでデータストライカーなんてという風潮から、時代は変わったのだと、ちょっと誇らしく思う。
5日より始まる後期リーグも多いに期待したい。






「今日の一枚。」
明日から丸の内パークビルの商業施設、BRICK SQUAREがオープン。
ずっと工事していたのを見ていたので、完成してちょっと嬉しい。
ビジネス棟には三菱商事も移ってきて、もうみんな働いているとか。(もちろん本社も健在。)
国内最大のブルックスブラザーズにも注目。
a0049167_10593016.gif

[PR]

by shibapiero | 2009-09-02 11:01 | feel

<< GOOD DESIGNと、ad... 日経備忘録/AUG 2009 >>