<   2005年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

CICATA

CICATA 星の数ほどある洋服ブランドの中で、僕が最も好きなブランドである。 初めて耳にする人も多いかもしれないが着実に力を付けてきていて、メンノンのたしか7月号で香取慎吾が表紙で着用したセーターは即完売だったとか。
デザイナーは、これまで第一線でモデルをやられてきたリヒトという方で、(たしか)2001年にCICATAを創設。 CICATAはシルエットが抜群に綺麗で、素材にもかなりのこだわりよう。

僕が初めてCICATAを‘自分のもの’にしたのは、3月のこと。横浜シップスで出遭ったデニム素材の短ジャケ。 まさにこれぞ一目惚れ!!!!!値段は72000円。そんな高額もっていないのに無謀にもキープしてもらって、というか無意識に(笑) 数日後、何人かの友達に借りた72000円を持って購入! そしてその月、毎日バイトを入れて(知っている人は俺がこの頃、バイトに忙殺されていたのを覚えていると思うけど、こういうことだったのよ)13万稼いで無事友達には返済。というエピソードも(笑)
a0049167_23595090.jpg

a0049167_23535494.jpg

そして今日、原宿BEAMSにて開催された、’06 s/s CICATA新作発表会行ってきました。前回のo/wの発表会の時もリヒトさんいらしたんですが、オーラに圧倒されて緊張してしまって喋れませんでした(笑) しかし今日はBEAMSの店員と洋服のC.Dの話で盛り上がってると、リヒトさんが絡んできてくれて、しかもブログのネタにしたいからと言ったら、快く一緒に写真撮ってくれました。感激っっっっ!!!しかも、リヒトさんブログを見たいと言ってくださって、教えましたぁ!リヒトさんコメントお待ちしております!(笑)
a0049167_23565443.jpg

[PR]

by shibapiero | 2005-10-31 00:00 | fashion

都倉初レッドカード!!

いやぁ~やっぱ都倉はスターだよスター あそこでレッドをもらうっていうのは、やっぱそういう星のもとに生まれたんだよね 昨日のスーパーサッカーを見て何人の女性ファンができたことか やっぱすごい!!そして悔しいけどかっこよすぎる!!
[PR]

by shibapiero | 2005-10-30 08:32 | soccer

革という温もり ~財布~

「皮・革」 広辞苑によれば、「あらかわの毛を除去したもの。また、なめしたもの」とある。
やはり、革製品には革にしかない独特の風味、そして風合いがある。

僕が初めて、革製品に出会ったのは中1の時。サッカーのスパイクを買いに(やはりスパイクもカンガルー革に限る!NIKEのトータル90やヴェイパー、あれは俺から言わせて見ればスパイクじゃない)上野アメ横に行った時。ウェスタン系の革製品を売っているところにあった、革の財布を見た瞬間、ときめいてしまったのだ。しかし、値段は確か15000円くらいだったかな、とにかくその日は買えずに・・・数日後、母親を連れて、なんかの理由をつけてご褒美として買ってもらった。 内側にはshinyaとバーナーで名前を入れてもらって、「これは一生物だね」と僕は母親に言ったら、母親に「どうだかね」と鼻で笑われたのを覚えている。 結局その財布は、革はもちろん牛の本皮だったのだが、そこはアメ横!細部の作りに妥協心が滲み出ていて、金具のボタンや中のステッチがほどけてきて、中3の時には壊れてしまった。 その後PORTERを買ったが、白いのを買ったため汚れに嫌気がさして(今はジムに行く用に使用中)、GUCCIを買ったが盗難に遭い、またPORTER×エッセンシャルデザインのを買ってボロボロになるまで使って(こないだ淳司にボロボロでもいいと言うのであげた)、大学に入ってPRADA SPORTSを買ったが、サッカー部のみんなはご存知の通り、飲み会の帰りにどっかに落としてと、とにかく財布運がない僕だが・・・ついに運命の財布に出会ったのだ。 フランスのHERMES、イギリスのWhitehouse Coxとまで評される、Whitehouse Coxである。 色は選んで選んで、去年のシーズン限定のを取り寄せて、ふちがオレンジのナチュラルにした。 

a0049167_2246711.jpgと長いダラダラとつまらない僕の財布歴史を書いたが、要は革製品の良さをみんなにも知ってもらいたい。 使う込むほどに、色が変わり、風味が出てまるで小さな自分の分身かのような存在である。 ブランド物の財布もいいけれど、革製品もいいですよ。 見る人が見れば、あ!オシャレだなって感じるんですよ、革ってのは。
Whitehouse Cox以外に僕のお勧めの革製品のブランドは、GANZO、ブルックリンなど。

左上はパスケース オーストラリアのブランドでブランド名はM.R.HONORIってとこのらしいいんだけど、SHIPSで一目惚れ カンガルー皮でシワ加工がしてある
左下はラルフローレンのマネークリップ
右はGANZOの弟ブランドficoのコインケース
a0049167_2239424.jpg
[PR]

by shibapiero | 2005-10-20 23:39 | fashion

自宅マンション

遅ればせながら、新居の写真です。 
a0049167_21364360.jpg
2本デカイビルのうちの右側です。(左は、オフィス棟のビルで、右が住居棟) 三田の青い一軒家の時や鎌倉の時よりも狭いけど、できたばっかで綺麗だから遊びきてください! ちなみに、右下に見えるオレンジ色に光っているのが、おととい紹介した「しばらく」です。 近いっしょ?(笑)
[PR]

by shibapiero | 2005-10-19 23:57 | others...

しばらく

自宅から徒歩30秒のところにある、ラーメン屋さん「しばらく」。

a0049167_2126878.jpg
自他共に認めるラーメン好きの自分だが、ここはうまい!とんこつ味だが、以外にさっぱりしていて女性客も多い。 朝は10時くらいか、早い時間までやっていて、夜も平日は夜中までやってるという、フルスロットルである!練習後遅い時間に帰ってもかならず、客で賑わっている。 是非うちに遊びに来たときは食べに行きましょう!
a0049167_2127039.jpg

[PR]

by shibapiero | 2005-10-17 23:18 | others...

部屋

ブログ再開します! 以前、ブログやったものの三日坊主に終わってしまいましたが、今回は続けます!(笑)頑張ります!

引越し(鎌倉→日本橋)もひと段落したということで・・・記念すべき第一回目のテーマは「部屋」。



a0049167_2153357.jpg


部屋。 それは最も落ち着く空間であり、最も‘自分’が出る空間。 だから、自分の納得したものしか部屋には置かない、これが僕の信念である。 部屋作りで一番大切なポイントは統一感であろう。しかし、部屋とういう特性上いろいろな物が点在するため、洋服とは違い統一感、こと色に関しての統一感を持たせるのはなかなか難しい。 だからこそ、こだわりたい。マイルームのカラーは赤と白。難しいけど、徐々に理想に近づけたい。 そして今はこんな感じ。(写真上)


a0049167_216487.jpg先日、ドライブ中にラジオで僕のライフ哲学をそのまま言っていた女性のデザインコーディネーター(かな?肩書きはよく覚えていないが)の人がいた。 「アジア人、特に日本人って、ヴィトンとか、シャネルとかのブランドバックとか大好きなんですよね。でも、そのブランド物に見合うライフスタイルを送っている人は非常に少ない。こっれってすごくカッコ悪いと思うんですよ。いかにもアジア人だなぁっていうか。例えば、あまり目につかないようなところには、全然お金かけてなかったり、それこそ部屋とかはもう全然こだわってなかったり。」 こうその女性は言っていた。
僕と買い物に行ったり、洋服の話をしたことある人はいると覚えているとは思うけど、「(トップスもパンツも、もちろんこだわるけど)あまり見えないところにこそこだわるべき。」とずっと言ってきた。 だから部屋にも自分の納得したものしか置きたくないし、こだわりたい。 だって、自分の部屋だもの。


2枚目のの写真は、背丈の低い洋服ダンスの上部(ここにはサッカー着が入ってる)。そこにあるものから、その日に必要な物を選んで持っていく。
[PR]

by shibapiero | 2005-10-16 21:40 | feel