<   2006年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

06.11の奇跡 ~havaianas×Chiso~

(4日前の話で恐縮ですが・・・)

ガガガーーーーー!!!!!!!!
目が覚めたとき、もの凄い光景でした。

エアバックが開いていて、ボンネットからは煙、車内は異常なまでに燃え臭く、そしてフロントガラスには大きな亀裂が・・・。

―ま・・・まさか?う、嘘でしょ!?
「あぁーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!!!!!!!」


その日の練習はすごくキツかったのを覚えています。

そして、夜いつものように長いミーティング。の、はずが小1時間でまさかの終了。

まさかの展開に、とりあえずコウジ君と渋谷で飯を食って帰ろうということになり、runxを渋谷に路上駐車。


日吉から渋谷までの途中、iPodの充電が息絶えて、車内BGMがなくなる。

そして、晩飯処を探しに、センター街をパトロール。
するとなぜか、後輩ヒコに会い、そしてタケマ先輩に会いと・・・偶然が重なり・・・
パッと晩飯だけを食うはずが、いつしか時計の針は朝の4時・・・胃袋には少々のアルコールが。


日はすっかり登り、汚い朝の渋谷を尻目に、
「さ、帰りますかぁ!」とrunxに乗り込み(渋谷に路上駐車したのに、駐車禁止とられないというプチ奇跡!)、コウジ君を恵比寿に送り届けたのが4時半過ぎ。
少しばかりの談笑をし、4時45分頃、自宅へ向けrunxのアクセルを吹かす。

ねっみーー

いつもなら、この眠気を吹き飛ばすために、iPodをハイスタやアジカンにディスクジョッキーし、爆音量で流すのだが、あいにくの電池切れ・・・

あーねみー

恵比寿、白金、三田、芝公園、浜松町三丁目、新橋・・・

そして新橋の立体交差へ潜り、あの始めの急カーブを100kmで曲がった、その遠心力という名の反動で後ろの荷物がバタッと逆側にずれたのを覚えている。

そして、新京橋へと続く、アンダーパスが続く、さぁ直線。

ここからの数秒間の記憶が・・・ない・・・。

そして・・・・・・5時15分・・・

ガガガーーーーー!!!!!!!!

冒頭のように、runxは大破。勇敢にも(?)可愛い愛車のrunxは斜線を隔てる大きな柱へと突っ込んだのであった。
大きな衝撃で目を覚まし、爆発すると思った哀れな我は、ドアを開け、アクション映画さながらに外に転がり出た。

JAF、警察、そして30分前に送り届けたコウジに電話!

3つの応援が来るまで、現実的になった僕は、
明け方の居眠り運転、酔っていないとはいえ、酒気帯び検査されないわけがない。
されたら、(6月から道路交通法改正でより厳しくなったから)未成年での飲酒だし、逮捕だな~そうなったら、退部だぁ~・・・ まじ全部終わったわぁーー↓

やがて一番初めに警察が到着。
警察「(事故現場を見るなり)あーあーあーあー・・・・、居眠り?」
柴崎「はい。」

警察「飲んでたの?」
柴崎「いや、飲んでないです。」

警察「そうか。」
柴崎「(ま、まじ!?☆ミ)」

警察「(同僚の警察に)飲んでないってー、居眠りしちゃっただけだってー!」

(これまた)奇跡やーーーー!!


そして、事故の話に戻ると、
今でもなんでこんなピンピンしているのか不思議なくらいです。
土屋君のコメントにもあるように、あれだけの大事故を起こしておきながら今こうして元気に生きていることが幸せすぎます!

あの時、もし、このとき後ろから車が来ていたら・・・おそらくダイアナ妃の後を追ったことだろう。

事故の衝撃で、右タイヤのホイールは逆車線に飛んでいた。

もし、このとき対向車から車が来ていたら・・・おそらく飛んできたホイールのせいで対向車をも事故に巻き込んでいただろう。

そして、もしなにかの拍子でシートベルトを外していたら・・・次の日には、みんなに僕の最期を見届けるための連絡がいっていたかもしれない。

朝であろうと、あそこの立体交差は交通量が絶えない。昼時はほとんど渋滞。
にもかかわらず、あの事故の瞬間だけ、両車線とも車が来ていなかったのは、奇跡としか言いようがない。

また、あれだけの衝撃だったのに、怪我ひとつしていなかったのも奇跡だ。

まさに不幸中の幸い。

そして、夜が明け日付が変わったこの日は奇しくも6月11日。

運転席のコックピットの引き出しには、もらった金閣寺の交通安全の御守りが入っていました。

これを偶然というか、奇跡というのか、それとも運命というのかは僕にもわかりません。

でも、本当に生きていて、怪我ひとつなくこうして生活できていて、ほんとよかったです。
そして明日から韓国遠征に行ってきます!

a0049167_143925.jpg













P.S  runxは修理不可能なまでに大破していたので、廃車にします。
今日、車の中の荷物を、思い出と一緒に取って、持って帰って来ました。(ごめん、あんまりキマらなかった・・・苦笑い)
みなさんも、居眠り運転には気をつけるように!まぁ、しないだろうけど・・・笑


あと、一応今週の月曜日から正式には・・・鎌田慎也君になりました。。。
なんのことかわからない人は流してください。笑
僕自身の結婚や、親の再婚ではありませんので、悪しからず。
[PR]

by shibapiero | 2006-06-16 01:52

幸せって・・・幸せになりたい。

「世界がもし100人の村だったら 4」
今、フジテレビで上映していた番組です。

番組で、こんなことが言われていました。

世界がもし100人の村だったら・・・

1人が大学に行けます。
2人がパソコンを持っています。
でも、14人は文字が読めません。


どうやら、これが「現実」のようです。 

世間知らずの僕は、恥ずかしながら、「ストリートチルドレン」という言葉を知りませんでした。 ロシアの隣国、ウクライナにはストリートチルドレンが10万人もいるようです。


また、ある少年は、宝物は?と問われると、「(ボロボロになった)ボールペン」と答えていました。


8歳で両親に捨てられ、結婚を約束した彼氏に逃げられた、14歳の少女。
彼女は二児のシングルマザーでした。


“幸せ”ってなんですか?


話は変わりますが、この神様のいたずらとも言うべき、今年度の総理大臣杯の組み合わせ。
しかし、今日慶應は負けました。

そして、心のどこかで・・、いや、おもいっきり、会えるんじゃないかって、勝手に期待している自分がいました。

「あんなチャラチャラしたの、サッカー部じゃない。」
そのチームに今日、負けたのは一部員として心底悔しいです。

東京駅から自転車での帰り道。わざと遠回りをしてみました。
1501曲入っている、マイ i-podのトップ25で不動の一位を張る、
MCU feat. Ryoji 「いいわけ」をリピート再生しまくりました。
「歌詞(ことば)が胸に刺さる」って、このことでしょうか。


“幸せ”ってなんだろう?


なんなんでしょう、“幸せ”って。



渦中の村上さんも、あんなにお金稼いで、幸せだったんでしょうか?


テレビを見て僕の今いる環境は、これ以上ないくらい幸せなものだと、改めて感じました。
でも・・・


ブラウン管を通して映ってきた、彼らからすれば、僕の悩みなんて、ちっぽけだろうし、間違いなくちっぽけです。
でも・・・


明日、自分のIリーグ、出れたら頑張ります。それしかないです。
そして、来週、原一樹率いる駒沢に、こてんぱにやられて欲しいです。




 
[PR]

by shibapiero | 2006-06-03 23:31 | feel