<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

後悔先に立たず

このブログにはあまり自分のサッカー部のことは書いていませんが(書いてもみんなつまらないだろうし)、今日はすこし書かせてください。サッカーに興味ない人は、読んでも全く面白くない、むしろあってもつまらない記事だと思います。ごめんなさい。


大学サッカーにも、サテライトリーグみたいなIリーグというのがあって、今日はその開幕戦だったわけです。相手は平成国際大学。
先発は外れてしまいましたが、0-0の均衡した状況で、「点取ってきてくれ」とトシムコーチに言われ後半途中から出たわけです。自分が出場してからはずっと押されっぱなしだったけど、チャンスはあると信じてたら、89分、GKと1対1という絶好のチャンスがあったわけです。
外しました。
無常にもポストのほんの少し脇を転がっていきました。

遠征から対外練習試合12試合10ゴールと調子もよかったし、シュートにもそれなりに自信あったけど、大事な試合で外しました。いくら練習試合で決めても今日決めないと意味ないです、情けないです、最悪です。しかも、決めてれば勝ち点3が取れた。しかもこの試合、押されてる時間帯が多くてDF陣がほんとに頑張ってくれていた。なのに・・外した、で引き分けた。ようは自分のシュートミスで、勝ち点2を失い、それまで耐えて耐えて耐え続けてきたDF陣の労力が水泡と化したわけです。

ほんとに萎えました。こんな自分の責任で結果が変わった経験なんてあんまなかったので、ほんとに悔しかったです。
「しば、そういうの決めないのか・・・。」とN島君の何気ない一言が、ずしりと響きました・・。
ほんと頑張って見返そうと思いました。もっとシュート練習します。信じてくれたオグさんも、これじゃダメだなと思うだろうし、ほんと這い上がろうと思いました。もっともっとシュート練習して、ちっちゃい頃からの選手理想像「あいつに出せば決めてくれる」という選手になれるように、頑張ります。

今日、天国から届いた、亀の手紙を読みました。感慨深いものがありました。

明後日、早くも第二節が控えてます。出れたら、必ず点取れるように頑張ろうと思います。
今日はごめんなさい。反省して寝ます。明日から切り替えます。おやすみなさい。

そしてこのうえなく自己満の記事で(いつも自己満記事だけど・・・)これまたすいませんでした。

それでは。
[PR]

by shibapiero | 2006-08-31 23:56 | soccer

定番の存在証明

 前回の記事で、24時間テレビに触れましたが、僕の友達で武道館に見に行った人がいました。なんでも出演者の知り合いだとか。すごいと言うかびっくりです!
 
ずいぶん風が涼しくなってきました。今日は制服・サッカー着ともに長袖を着ました。半袖よりも長袖派の自分としては、涼しくなってきたのは、嬉しい限りです。夏の最期を飾る麻布十番祭りも終わり、そして一昨日は、食卓に秋刀魚があったりと、秋がもうそこまで来ています。a0049167_22422221.jpgまぁしかし、季節がいくら変わろうとも、ラーメンが恋しいのはオールウェイズでありますw 8月中旬に行った波崎遠征の前に、久々に山頭火に行きました。遠征前、調子を上げるためにも、この山頭火戦は絶対に負けられない戦いだったのである。
店に入る前は、いつも通り、塩ラーメンと香味味玉を注文する予定でした。しかし、店に入ると、「ねぎそば」と書かれた新メニューが張ってありました。よく見ると、スープのないラーメン・味付け卵入りと書かれ、写真には青ねぎがこれでもかと盛られていました。その写真を見た僕は、苦渋の決断を下し、「・・・ねぎそば下さい。」

数分後・・・

ねぎそばが出てきた。食べた。
結論から言おう、半分以上残して、ごちそうさまをしてしまった。絶対に負けられない戦いに於いて記録的惨敗を喫してしまったのである。ラーメンを残したまま精算したのは初めてだ。というか、あんなのラーメンじゃない。やっぱり、ラーメンはスープがあってラーメンなのだ。 a0049167_2242396.jpg



やっぱり、山頭火に行ったら、定番の塩ラーメンを頼むべきなのだ。
定番の。


そう、今日は“定番”のお話だ。

何事にも、定番というものがある。時にそれをセオリーとも呼ぶこともあるだろう。
食にも、音楽にも、服にも、色にも、そしてサッカーにも、なんの世界にでも定番はあるはずだ。いくらデザインが斬新になろうとも、いくら機能が進化しても、定番は定番として存在するのである。

a0049167_22431876.jpg 例えば、SALE。ラコステは季節物や新商品・新カラーは毎回ちゃんと30パーセントOFFになる。しかし、定番のワニのマークがついたカラーポロ、これは断固としてSALEしないのである。(アウトレットを除いて。)
単純に売れるからである。
他にも、アイスクリームといえばバニラ、炭酸飲料といえばコカコーラ、夏の定番歌手(ソング)といえばサザンやTUBE、最近ではケツメイシあたりもそうだろう。ようは、定番とは、確固たる地位を築いた存在にしか与えられない、一種の称号なのかもしれない。 
a0049167_22432970.jpg

確固たる地位を築くということは、多くの人々から認められる必要性がある、それもある程度の期間続けて。ある意味、万人受けするものとも言える。先日書いた、トリコロールも定番の配色である。

しかし、定番は一歩間違えれば、「つまらない」時がある。何から何まで定番で揃えると、遊び心という名の個性の欠陥に繋がる。だから、斬新なものやトレンドなものが生まれるし、それは必然である。
逆に、あることに興味を持ち、それに対しての知識が人並み以上に増えてくると、定番を軽視し、奇抜で斬新なものばかりに目が行くようになる、と僕は思う。自分の今までや周りの人間を思い出して欲しい。そういったことはないだろうか。映画、音楽、洋服・・・走りかけの知識しかないと、誰でも知っているような定番~(ナンチャラ)を批判するような行為。しかし、それはそれでまた「つまらない」のである。いくら時代の最先端を取り入れようと、そればかりではどこかアンバランスになる。従って、定番を軽視することはよくない。
定番というのは、どんなに時代が進化して、どんなに新たな流行が生まれようとも、自然にその時代に溶け込むだけの力を持っているのである、逆にそれこそが定番と呼ばれる所以なのだ。

その道を極めた人ほど、定番の存在を重要視するものである。
というのも、定番のよさをわかるには、やっぱりいろんなものを知っている必要があるし、目が、舌が、耳が、肥えているからこそ、定番の存在を定番として認めれるようになるのではないか。僕はそう思う。

ということは、自分はまだなんの分野でも定番を認めれる人間ではないな・・・と、気付いてしまったところで、今日は失礼します。


P.S 五輪の候補地が、東京TOKYOに決まって嬉しいです。
a0049167_2231520.jpg
[PR]

by shibapiero | 2006-08-30 22:56 | others...

キヲク

こんにちは。 いきなりですが、今日はCMの日です。
ちなみにCMはコマーンシャル・メッセージの略だそうです。
さて、8月ももう残りわずかになりましたね、ほんとに早いです。夏休みもラスト1ヶ月、そして中国語履修の人たちは、フータオの共通テストまで残り1ヶ月を意味します。笑 
a0049167_12374489.gif

 昨日の24時間テレビ、別名「愛は地球を救う」(笑)~絆~、ほんとつまんねーと思ったのは僕だけでしょうか?身体障害者を出せば感動させられる、そして視聴率稼ぎの為に、ある意味彼らを利用して日本テレビには正直がっかりです。でも、あの番組の恒例企画でもある“貯金箱の持ち込み”。あれで、今年はなんと3億円のお金が集まったそうです。確かに、あの番組という端末を利用して、それだけの募金が集まるのなら、やる意味あるなとも思いました。

ここで、あるひとつの数字を紹介したいと思います。

1日2ドル以下で生活している人が世界人口の半分の25億人、1ドル以下で生活している人は12億人。
これは事実です。
前にニュースかなんかで、あるコメンテーターが言っていて、思わずケータイにメモってしまいました。さっき、グーグルで調べたら、2015年までにこの状況を打破・改善するための策やこの数字の現状などが、たくさん載っていました。
カルチャーショックですよね。
1ドルってことは、110円くらい。僕達は、「暑ち~」とか言いながら、ジューススタンドでジュースを意図も簡単に買っているけれど、世界にはジュース1本以下で生活している人が12億人もいるって・・。
物価とか違うし、仕方ないし、物買うときにいちいちこんなこと考えていたって仕方ないから、その必要はないだろうけど、頭の片隅にメモして損はしない数字かなって。ってか、するべきだなって。コンビニのお釣りを、募金箱に入れるのも、そうだと思うし、そもそもそういうこと知っていると知らないとでは、何事においても価値観が違ってくると思うし。

あ、だからyamanaka2006を前にサッカー部を辞めた、1年の迫田君には国連、是非頑張ってもらいたいなって。ほんとに。


んで、最近の僕はというと、まずまず元気ですが、鬱なところもあります。矛盾しているけど。情緒不安定な時もあるかも。
それで昨日、お香デビューしてみました。散々どれにしようか迷った挙句、竹のお香を買ってみました。焚いてみたけど、すごくいいです。
昨日遠征から帰ってきた時間が早くて、時間あったから。いろいろ考えちゃいました。いろいろ思い出したりもしちゃいました。
ってか、その時にEveryLittleThingのアルバムを久々に聞きました。ほんと久々に聞いたけど、やっぱりすごいいいですね。EveryLittleThingって!笑 
結局、止まらなくなって、(車なくなったから・・自転車で笑)なぎさニュータウン勝手に行っちゃいました、でも見たのはゴキブリの一匹だけでした・・・w ホントにホントに自分を馬鹿だなと思ったそんな昨日の夜でした。

途中から、訳のわからない、つまらない記事になっちゃいましたね。ごめんなさい。
また近いうちに更新します。

a0049167_1222415.jpg
写真は、まだ聞いてないけど『paris』をリリースした“新人シンガー”のパリス・ヒルトン。
彼女には賛否両論あると思うけど、自分は肯定派。ぶっちゃけかわいくね?笑

a0049167_1240281.jpg
[PR]

by shibapiero | 2006-08-28 12:29 | feel

トリコロールの法則

ご無沙汰しています、バレンタインからはや半年の今日、8月14日。 a0049167_22205842.jpg
皆様いかがお過ごしでしょうか? 僕は今日、先月末にオープンしたY3のショールームを見に行こうとしたら、表参道マック前にFC東京の増嶋が撮影でいました。通りすがりの女の子が握手を求めたら、サラッと握手していたのがカッコよすぎました。嫉妬しました。笑

 夏休みの調子はどうですか?
サークル合宿・遠征で飲み疲れた方、アメリカに、イギリスに、フランスに、留学に行ってらっしゃる方、世界一周ばりの旅行を謳歌している方、これから彼氏(彼女)と旅行に行ってくる!という方(むしろヤツ)・・逆にテロ未遂の影響でイギリス留学を取りやめた方、留学センターの書類の行き違いで留学ができなくなってしまいそうな方・・・いろいろですね!でもみんな楽しんでそうです!笑 みんなお土産よろしくねw
 
 昨日・今日とサッカー部は2OFFでした。みんな久々の東京【TOKYO】を謳歌していることでしょう。しかし「りあるゆういちろう」の編集者はこの2連休を使い、東京に留まらず、ファミリカーの定番・オデッセイを出して慣れない高速道路を突っ走り、ご自慢の(?)彼女と箱根の温泉スパに行っているみたいです・・・。

 合宿やら遠征やらで、時事問題についていけません。でも、摂理のエロ教祖が1対100をしていたという、非現実的な現実があったことは遠征先にあったスポーツ新聞に書いてあったので知っています。。。彼の体力は凄すぎますねw だって6時間だって・・・笑 はんぱねー・・・。


 さぁ前書きはこれくらいにして・・・

 みんなは「何色が好き!?」

 色って凄い力を持っていると思うし、不思議だと思うんです。同じものでも、配色が違えば全然っ印象って違うじゃなぃですか! この質問をされたら、みんなそこまで考えずに、~色が好き!ってちゃんと答えること
ができると思います。 でも色って、別にどれが正解でどれが不正解っていうのもないし、その年によって流行カラーはあっても、ダサいとか廃れる色っていうのはない。逆に、万人がかっこいいって思う色もない。要は、自分が好きな色は、あくまでも自分が好きな色。誰に教わったでもなく、それまで生きてきた何十年という生活・環境、そしてその人の個性・感性が好きな色を決めていくのである。と思います。
 a0049167_22225047.jpg
僕は昔はとにっかく赤が好きだった。今も赤は好きな色の一つだけど、前ほどの赤に対する一種の執着心みたいなものは特にない。逆に昔はピンクなんて…って思ってたけど、今ピンクは赤同様にとても好きな色の一つ。あとは、黒や茶色、特に黒は自分には絶対似合わないと思っていた。 今でも、別に似合っているという風にはまだまだ思えないけど、黒、特にマットブラックや、茶色【ブラウン】もいい色だなぁって思えるようになってきた。 なにが言いたいかというと、年や時を重ねるごとに色の趣味っていうのも若干変わるということ。
 
 ここである法則を紹介します。といっても、僕が勝手に思って作った法則なのですが・・・。

「トリコロールの法則」
a0049167_22222047.jpg
 トリコロール、つまり青(時に紺)・白・赤の組み合わせのことです。ここにフランスの国旗のイメージがありますが、どうですか?ダサいとか、マイナスのイメージを持った方いますか? おそらくほとんどの方が、好印象を持ったと思います。もしかしたら全員の方が持ってくれたかもしれません。僕もその一人で、この三色をコーディネートに加えることが多いです。ハッキリ言うと、トリコロールが好きです。笑

 そう、トリコロールってスカッとしていて、カッコいい! これだけ、たくさんの色があって、確立の勉強じゃないけど色の組み合わせなんて万とある、とういうか無限にある。僕は色彩の勉強をしていません。だから、知識は全然ありません。けれど、たぶんどの色の組み合わせよりも、トリコロールは多くの人が好感を持てる配色だと、僕は思う。だからこの法則を信じているのです。

 つまりこれこそが色の持ってる魔力なのです。上記のように、色が違えば印象が全然違ってくる。色次第で、好感を持てるか持てないか。
 そして、自分を表現する、自分に似合う色というのも必ず存在するはず。そしてそれは時間と歳を重ねるごとに少しずつ変わっていく。それはその人が成長している証。だと思う。きっと、自分はもっと歳を重ねるごとに、もっと黒や茶色が好きになるんだろうなって。
 

 あともうひとつだけ。 「直感」。
 物を買うとき、どっちの色にしよ~、と悩んだら、好きな色とかじゃなく、直感で選ぶ。 これも色の魔力。ある意味、運命です。笑 好きな色はこっちだけど、この商品だったら、こっちかな~。こんな経験あると思います。“あ!”って目に留まる。これぞ、直感以外なにものでもありません。自分を信じてそっちを選んでみましょう!きっと愛着が持てて気に入るはずです。きっと。
 
色について、色の選び方について、僕なりの意見をズラズラ書きましたが、どうですかね? 色についてなんて、あまり深く考えることではないかもしれませんが、すこしでも共感を持っていただいたら嬉しいです。そして、直感という概念を是非、頭の片隅にメモしてください。物選びの時に、思い出して頂ければ幸いですw

 
  
 
 最後にーーー!弟に遅れてですが、佐藤兄弟の兄、佐藤勇人が念願の日本代表に初選出されました!オシムの真の秘蔵っ子ですが、彼の記事がヤフーニュースに載っていました!読んでみてください!もっと佐藤勇人がもっと好きになりました!
a0049167_2223764.jpg
 http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060814&a=20060814-00000005-ykf-spo
 是非!
[PR]

by shibapiero | 2006-08-14 22:26 | fashion