<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

introduce

おはようございます!
「おくりびと」凄いですね。
それにしても、ペネロペさん、本当にお綺麗でした。

今日は、3つのモノを紹介したいと思います。

❶ TV
❷ Event
❸ Lesson

❶TV
関西テレビってすごいなって思いました。
全国放送じゃないから、これだけ“本当のこと”を言えるのかなって。
関西テレビの報道番組?で、中川大臣の辞任についての報道で、
もちろん飲んだ中川氏は悪いんだけど、中川氏はハメられた。
という内容です。本当に面白いです!
3本立てです!




❷ Event
Keio Media Design presents
「Future Motion 2009」
2009/3/28-29
@慶應大学日吉キャンパス 協生館

「昨今多く開催されている「映画祭」では、作品の上映やクリエイターによるトークセッションなど、コンテンツのデザインに注目したものが多く見られます。しかし、映像を取り巻く環境の変化が急速に進む現在、コンテンツのデザインのみで映画を含む「映像」を語り尽くすことは難しいと言えます。
そこで慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科の基本理念でもある、デザイン、ポリシー、マネージメント、テクノロジーの4つの軸を用いて、映像文化の未来をプレゼンテーションする、全く新しいカタチの映像の祭典を開催します。
このイベントは2009年3月28日と29日に神奈川県横浜市の慶應義塾大学日吉キャンパス協生館で開かれ、メインターゲットは「映像文化の未来を担う若者たち」です。彼らが映像の未来を考えるとき、その一つのアイデアの小さなきっかけになることができるよう、FutureMotion2009の開催に向け、誠意取り組んで参ります。」
(公式HPより抜粋)

僕も具体的にどんなことをやるのかわかりませんが、結構すごそうです。
一応、運営ボランティアとして参加することになりました。(笑)
なんか楽しみです。


❸Lesson
愛知県の小学校の社会の授業で、
お土産の定番?「ご当地キティちゃん」を題材に授業をした先生がいるという話。

愛知県の岡崎市の「ご当地キティちゃん」を作るなら、どんなのにするか。
というテーマで、授業でディスカッションしたんだって。
楽しそうじゃない?(笑)
これって正解がないし、
小学生だからすごいイマジネーション豊かだし、
絶対ちんたら教科書やるより、やっぱり楽しいから、
生徒も主体的に取り組みそうだし。
すごい未来的な視点をお持ちの先生だなって思いました。


「今日の一枚。」
SILAS × Manhattan Portage
a0049167_636215.jpg
これちょっとかっこいい。
[PR]

by shibapiero | 2009-02-24 06:42 | others...

あるサッカースパイクの、物語。

昨日、adidasの先輩の社員の方に、
「おまえプレデターがなんで作られたか知ってる?」と、切り出され、
教えてもらったふたつのエピソードを紹介します。

サッカーをやってなかった方は、
「プレデター」と言われても??と分からないと思うので説明すると、
アディダスと言ったら、プレデターというくらい、
インターナショナル企画で発売され、
世界のトッププレイヤーがこぞって履いている、
adidasのシンボル的存在の高機能スパイクのことです。

「プレデターの物語。」
時は、1990年。
W杯イタリア大会。
西ドイツが優勝し、イタリア代表で、Jリーグのジュビロでも活躍したスキラッチが得点王になった大会。
しかし、この大会はW杯史上最もゴールが少なく、「つまらない」大会と比喩された。
そこでFIFAはadidasに「もっとゴールの入るスパイクを作って欲しい。」と依頼し、
研究開発の結果、プレデター「略奪者」(=ゴールを略奪する)というスパイクが誕生する。
当時としては斬新すぎるデザインで、
ボールにカーブをかけるためのフィンがついたスパイクだった。

そして8年後の98年W杯フランス大会。
満を持して登場したプレデターは、
ベッカム、デルピエロ、ジダンというトッププレイヤー3人の足下を支え、
ジダンの決勝2ゴールの活躍もあり、地元フランスが優勝した。
(ジダンの決勝2ゴールは共に、ヘディングだったけど・・・笑)




もうひとつはパティーク。
僕たちが中3の頃に当時マリノスに在籍し、
日本代表で名波から「10」を完全に勝ち取った感のある、
中村俊輔が広告塔となって発売されたパティークは、
JAPANモデルのスパイクとしてあまりにも有名で、
サッカー経験者なら必ず1度は履いたことのあるスパイクだろうと思います。

今は、ファルカスにモデルチェンジして、
そしてそろそろ「パティークX」(だったと思う)という、
¥13000台でカンガルーを使った新作が登場します。
(NIKEのスパイク、スーパーリゲラに対抗したモデルだと思います。苦笑)

「パティークの物語」
1990年代後半。
adidasのサッカーシューズ企画開発者が、
フランスのサッカー用品店に行ったとき、
現地のフランスの子供が、あるスパイクを見て「これいいね!」と言っていたという。
それを見て、その企画開発者は、日本でも日本のサッカー少年に「これいいね!」と言ってもらえるような全く新しいスパイクを作りたい。と思い、
カンガルー革をadidasの三本線のラバーで足全体を包み込む形状にすることで、フィット感、素足感覚に優れた、日本オリジナルのスパイク、
「パティーク」(=仏語で「これいいね」)が誕生したのである。
以来、中村俊輔、松田直樹、中田浩二といった日本代表の面々の足下を支え、日本人プレイヤーから絶大な支持を得るスパイクとなった。



「今日の一枚。」
a0049167_6412460.jpg


ドコモ注目の新機種
「SH-04A」
ドコモのsmartシリーズからリリースされた、
新型のアクオスケータイ。


3.5インチタッチパネルで、
パソコンみたいにQWERTYキーボードも搭載。
Bluetoothや、顔認証機能付きカメラも搭載し、
現時点での最高スペックを搭載した
「全部入り」ケータイの最高峰モデルといったところか。
[PR]

by shibapiero | 2009-02-23 06:51 | 柴崎スポーツ コラム編

歴史がわからない /「97の想い、ひとつの夢。」

昨日で、1年4ヶ月見てきた中学3年生の
家庭教師の個人契約を終わりにした。
週明けの月曜日に、
都立高校の一般入試があるからそれに備えてやってきたから。
一応、既に先月行われた某私立高校の入試は受かっているし、
多分受かるとは思う。

高校受験の勉強(英数だけだけど)を曲がりなりにも教えられて、
正直ホッとしてる。(笑&汗)

(稲津さんと同じ)ヴェルディレスチジュニアユースに所属して、
サッカーを一生懸命やっていて、
とても素直でまじめな子だった。から、少し寂しい。

まぁとにかく受験もそうだけど、
高校生活も含めて、これからも頑張ってほしい。


先日読んだ、KMDの講師でもある竹中平蔵著書の
「竹中式マトリクス勉強法」に、
「英語の勉強をしなさい。
    あと英語はスピーチとかを読むといい勉強になる。」
と書いてあったので、
(いろんな英語の勉強を試したが、
全部三日坊主に終わってきた僕としては)
そうか!スピーチか!と、いうことから、
最近巷で流行りの、
オバマの大統領選挙の勝利宣言の際のスピーチを読んでいる。
(単純です)
a0049167_7413498.jpg

で、そこで、つくづく思うのは、
英語もだけど、歴史知らないすぎる・・・と思う。
正直、まじで歴史がわからない・・(苦笑)
もちろん、日本史、世界史とも両方。

オバマがアメリカの歴史を、
やっぱりスピーチだから振り返るんだけど、その内容で、
奴隷制とか、人種差別の人種隔離政策とか、
挙げたらきりがないが、
とりあえあず「あぁこれね!」って感覚がひとつもない。(笑)

ノムさんのブログ読んでも思うし、
だから歴史も知らないと、やっぱりまずいなぁと最近つくづく思おう。

話は変わって、
a0049167_74048100.jpg

4年使った白黒のi Podからi touchに替え始めて、1ヶ月くらいが経った。
しかしこれは本当にすごいインターフェイスだと、使ってみてわかりました。
アップルのことはまた今度改めて書きたいと思います。

未来が詰まっているというか、アップルすげぇ。
だから次は、スティーブン・ジョブズのスピーチを読みたいと思います。(笑)

サッカー部時代に作ったビデオを、
mp4に書き換えて、i touchに入れたんだけど、
最後にヤマと作った「97の想い、ひとつの夢。」
本当によくできたな、と。
これは2008年の早慶戦の選手用のモチベーションビデオ。
前期のリーグ戦、慶應は1位で折り返した。
けど、振り返ってみると、簡単に勝てた試合なんてひとつもなくて、
ひとつ、ひとつ、全員で「勝ち取った」という表現が正しいほど、
勝ち点3を積み上げた結果だった。ということをもう一度振り返ろう。
そうすれば、「慶應」という自分たち(チーム)を誇りに思えるのではないか。
というビジョンとコンセプトで、作ったビデオです。
懐かしいですね。

逆にそれ以外のビデオ(youtubeにはないけれど)は今見ると、
完成度的に少し未熟だなと思ってちょっと恥ずかしい。(苦笑)


「今日の一枚。」
a0049167_8113423.jpg
明日花キララ(笑)
この人、正直、
まじbeautifulじゃない?(笑)
[PR]

by shibapiero | 2009-02-22 08:18 | others...

Design the future.

吉村君が一昨日、メルボルンへと飛び立ちましたね。
少し羨ましいです。
日本を飛び出す、世界を見るということはとてもいいなって思います。
でも聞くとこによると、
オーストラリアいちプライドが高い学校らしいです。(笑)
だからアジア人のことをなめきってるとか・・・。
でもそこは、強靭なメンタルを持っている彼です。
頑張ってくれるでしょう!

さて、「Design the future.」。
慶應義塾150年記念のキャッチフレーズとして使われた言葉です。
僕はこの言葉が大好きです。

よくdesignとは?ということが議論されているように、
designとはいろいろな訳し方があります。
僕個人的には、good design companyのクリエイティブディレクター、水野学の言葉を借りれば、
「よくすること」だと思っています。

つまりカッコよく絵を描いたり、
プロダクトの外観をかっこよくしたり、
パッケージを作ったり、することだけがdesignではなくて、
サービスもそう、プロデュースもそう、スタイリングもそう、
とにかくあるソフトや商品を前の状態よりも、
ビジネスとして、よくすることだと思っています。

だから「Design the future.」とは、
「未来をよくすること」と僕は解釈しています。


昨日の日経新聞にこんな記事がありました。
温度差による「熱電発電」を利用した発電装置を、
TOSHIBAやコマツ、昭和電線が共同で開発していると。
「金属などの材料は加熱すると内部の電子の動きが活発になる。
異なる材料をつなぐと温度差で電子が一方に流れ、電気が発生する。」という。

つまりこの技術を使えば、
温泉や工場など、高温になるところで、発電できるということ。

「熱電発電」とは200年前から知られていることらしいが、
それを実用可能にしたのは日本人の技術とアイデアだという。
まだ装置の価格が高いことが課題らしいが、
これを使えば、CO2排出量を大きく減らせることができ、
将来的に1兆円規模の市場になるそう。

素晴らしいの一言である。

他にも、
SANYOやTOSHIBA、NECは
二次電池と呼ばれる充電式の電池を必死になって開発している。
SANYOのeneloop(エネループ)などがいい例だ。

先日HONDAが発表したインサイトは、
発売して11日目で早くも受注が1万代を超えたという。
さらに2010年〜2011年にかけて、自動車メーカー各社、
ハイブリット車、ディーゼル車、充電式自動車など、エコカーの発売ラッシュ。

ドコモやKDDI、TOSHIBAは、こちらも共同で、
電化製品の配線を無線にする技術を開発していて、数年後から実用化するという。

ディスプレイも近い将来画面を飛び出すだろう。
というのも柔らかい紙や、自由に曲がる透明の板に映像を映し出せたりするようになる。
さらに進めば、空気中に映像が映し出せる時代がやってくる。

Keio Media Designも、三菱電気とともに、
人の性別や年齢を見分けて、
そこに違った流す映像を変えることができるディスプレイを開発している。
このディスプレイを使えば、人に合わせた、広告を流すことができる。


「マイナス20%ショック」など、日本も未曾有の金融危機に見舞われている。
円高・低金利に支えられた輸出大国日本は、先進国で最も急激に景気を悪化させている。

しかしこんなときだからこそ、
「未来をよくする」日本の技術やアイデアは、カッコいい。

Made in Japan ではなくて、Designed in Japan。
―——「Design the future.」


「今日の一枚。」
a0049167_8101153.jpgミラン残留のために、LAギャラクシーと直談判に望むことを決めた貴公子。
移籍金にまだ10億円弱の開きがある両者だが、
果たして貴公子の声は届くのか。

それにしてもカッコいい。(笑)
[PR]

by shibapiero | 2009-02-19 08:17 | trend

世界に“驚かされてしまう”/南アフリカ開催のわけ

少し古い話題になるが、
最終予選の大一番、先日のオーストラリア戦。
(祝日である建国記念日の日に、この大一番の一戦目をHOME開催でやったのは、FIFAに唯一口出しできる広告代理店として名高い、D通の力が働いたように思うのは僕だけだろうか・・・)
個人的に前半は見応えのある試合だったと思う。
しかし。90分を通して、特に後半はオーストラリアのディフェンス4枚と3ボランチの7枚の壁に阻まれ、気づけばオーストラリアの狙い通り、勝ち点1を分け合う結果となっていた。

試合を通して日本はボールポゼッションこそ高かったものの、縦へのスイッチがなかった。
(オーストラリアは得点源であるケネディをベンチに置いていたことからも、ある程度日本にボールを持たせて、ケーヒルのカウンター狙いという戦いであったから、ボールを日本が持たされていたという見方もあるが。)
前半、確かにいい形はあった。
中村がエリア内で縦にスルーパスを出したり、
右サイド深くから早くて低いボールをクロスして、
得点の匂いがする場面はあった。
しかしもっと見たかった。

縦に早いボールを付けて、バイタルエリアで玉田、田中、松井(大久保)、中村が当てて落として、三人目というタン、タン、タンという縦へのリズムがなかった。
田中達也も狭い方にターンしてしまうし、
松井も守備は身体を張って貢献したものの不用意なドリブルで失うことが多かった。
大久保ももっとシュートに絡みたかった。
また全体としてシュートへの意識が希薄で、
相手を脅かせたシュートは後半の遠藤のくらい。
バイタルエリアに入ったら、どんどん狙うべきだ。
内田も緊張してたせいか、パスミスが目立ち、
攻撃参加も(相手がイエローもらってるのだから)自分で仕掛ける場面が見たかった。

「日本は技術は上手い」とよく形容されるが、
実際その形容詞はアジアでは当てはまるが、
こと世界に目を移すと全く通じない形容詞である。


オーストラリアはFIFAランク27位。(先日の発表では日本は37位。)
当たり前かもしれないが、リーガを見ている方が全然レベルが高いし、なにより攻撃のスピードが違う。
でもW杯本番では、バルサ、レアルは例外としても、スペイン、アルゼンチンをはじめ欧州・南米のトップチームはバレンシア、セジージャ程度の力はある。
いやもしかしたらバルサ、レアルの力があるかもしれない。
昨日はレアル相手に大敗してしまったけれどスポルルティング・ヒホンや、マラガといった中堅クラブでも今の日本代表は危ないかもしれない。というか危ない。
a0049167_21484993.jpg

岡田監督が掲げる、「接近・展開・連続」更なる成熟と、
縦への共通意識のチーム理解を高めないと、
本番で世界に“驚かされて”しまう。

個人的には、ドイツ出身のフィンケ監督の下で高原が復調して、
FWの軸となって、帰ってきてほしい。


さて次回のW杯は、南アフリカ開催であるが、
なぜサッカーが大して強くもない南アフリカなのか。

FIFAのブラッターは大陸別にW杯を持ち回る方針をとっている。
ここ最近の開催地を振り返ってみると、
94年中南米(アメリカ)、98年欧州(フランス)、02年アジア(日韓共催)、06年欧州(ドイツ)ときている。そうサッカー大国、南米の名前がないことに気づく。
南米で開催されたのは、78年のアルゼンチン大会まで遡る。
(86年は、コロンビア開催の予定だったが、地震のためメキシコ開催になった。)
これは、今でこそBRICsのひとつであるブラジルは経済成長を見せているものの、
南米全体が自国の経済状況が思わしくないので、開催に手を挙げなかった。
そしてようやく14年に開催できる見込みがたったので、
そうなると10年は必然的に中南米、オセアニア、アフリカのいづれかになる。

BRICsの最後のsに入れるか入れないかと言われている南アフリカに話を戻すと、2002年のFIFA会長選挙にまで話を巻き戻す必要がある。
a0049167_21434788.jpg

当時、再選有力という状況でなかったブラッターは、アフリカ票を得るために、
10年を南アフリカで開催するという(裏)約束をしたという。
そいった経緯があり、
ブラッターの会長の椅子と同時に、
14年の南アフリカ開催が決まった。


従って、どんなに南アフリカが開催能力がないと指摘されても、
実際、インフラや施設工事が進んでいなくても、FIFAは南アフリカから開催権を取り上げることができない。ブラッターが会長である限り。

その証拠に、昨年末、クラブワールドカップの際に来日したブラッターは、
記者会見で、南アフリカの開催準備が順調に行われていることを評価し、南アフリカでの開催を改めて宣言したのである。


「今日の一枚。」
(うちはWOWOWなのでスカパーさんの)
セリエAなので見れなかったけれど、
注目のミラノダービーは問題児アドリアーノの活躍でインテルが2−1で勝利だって。
やっぱりアドリのポテンシャルはやばいね。これで放出濃厚だったアドリ、来季も残留?
a0049167_21412636.jpg
ちなみに、セビージャのMF⑧アドリアーノはすごいいい選手です。よく走るし、まじめそうだし。(笑)
[PR]

by shibapiero | 2009-02-16 21:50 | 柴崎スポーツ コラム編

香る部屋を、GIFTする。

先日、サッカー部のメーリスで、
「なるようになるさ こっからでしょ」の筆者の、縁結びの緊急発表にはみんなが驚かされました。

僕は池袋のサッカーバーで日本代表戦を見に行こうとしたら、
偶然、消防士のような服を纏った、ブランキーニ佐々木に池袋で遭遇しまして、
緊急発表が行われる前に、縁結びを果たした二人にもお会いしたんですよ。
どっかで見たことあるなぁ。。。グラホか?でも違うなぁ・・・とか思いつつ、
そしたらあのメーリスで、ビックリしました。(笑)

温かく見守りましょう。


さて今週の土曜日はバレンタインデーであります。
巷では(チョコレートメーカーの作り出した)
「逆チョコ」ブーム。
でもこれって、逆チョコあげたら、ホワイトデーってどうなるの?両方あげるってこと? とかいろいろ無駄な疑問を感じているわけですが、
そこで今日は、バレンタインでも逆チョコにも(きっと)あげて喜ばれるであるう二つの香りを紹介しようと思います。


香りといっても、香水もそうなんですが、
今日はアロマキャンドルに絞って紹介します。
(アロマキャンドル、これに昨年末にデビューしたのですがこれとてもいいです。)

・L'Artisan Parfumeur

青山に路面店を構えるパリの、ラルチザンパフューム。
BALS、BARNEYS、伊勢丹などの一部百貨店で取り扱いがあり、
黒の容器に入っている・・・と言えば見かけたことのある人もいるのではないでしょうか。

ここの、「野生の黒いちご」というアロマキャンドルがやばい。
小さいのは¥2500くらいなので、これは本当にギフトに最適です。
(小さいのは10時間くらいしかもたないけど><)

ボッテガや、バーバリーとのコラボレーションもやっていて、
かなりラグジャリーな感じです。

ちなみにボッテガの香りより、野生の黒いちごのほうがよかったです。


・ PENHALIGON'S

150近くの歴史を持つ、ロンドンの老舗ブランド。
ここの香水も大変に高貴な感じで、素晴らしいけど、
やっぱりアロマキャンドルもすごかった。

キャスティーユという香りがおすすめです。
サイズはワンサイズで、¥7000くらい。30時間もちます。

ちなみに香水だと、キャスティーユとあと、リリーオブザバリーがおすすめです。
(香水は¥12000くらいしたと思います。。。)


自分の(彼氏彼女の)部屋をいい香りで包むというのも、
結構お洒落じゃないでしょうか?



「今日の一枚。」

勝ちきれなかった岡田JAPAN。
a0049167_1161475.jpg

一昨日の日本代表については、
そもそもなぜ次のW杯は南アフリカ開催なのか?
と合わせて、次回のコラムで書きたいと思っています。





P.S 逆チョコってどうなの?笑
[PR]

by shibapiero | 2009-02-13 11:08 | fashion

店員の品格

1週間ぶりの更新である今日は、
「接客」について。

接客は難しい。(笑)

僕は引退後、adidas銀座店でアルバイトをしている。

可愛い女の子だったら黙ってても売れるんだろうけど、
(2Dの)僕が(苦笑)、人様にモノを売るわけだから、
それは難しい。

ただ最近ちょっと目標がある。

それは、(週3日勤務だけど、)
2月にお店で一番の売り上げを達成してやろう。。。と。
ひそかに狙っている。笑

というのも、
Plan Do Seeの内定を辞退した際に、
お世話になった会社の方と夕飯を食べにいく機会があった。

そのときに、
その人が冗談まじりで、
「Plan Do Seeに後悔させるために、
   adidasで一番になってみろよ。」
と言われたのがきっかけ。(笑)

単純。(笑)

まぁそんなことから、
欧州にも行けなくなっちゃったし、
ただとりあえず引退後に週3日でやっていた
アルバイトについて少し考えるようになった。

誰しもが経験あると思うけど、
よくお店で商品を見ていると店員さんに、
「ご試着できますよ」とか
「サイズ伺うんで仰ってください」とか
言われたことがあると思う。

で僕も、周りがみんな言っているから、とりあえず言っていた。
けれど、自分を客の立場に置き換えてみると、
そんなことを言われても別に言われても嬉しくない。

だって、今の時代、
試着できないわけないし、
店員なんだから、店員がサイズ調べるのはあたりまえだ。

僕もそうだけれど、
そう言われたら、
「はい、大丈夫です。」と言って会話が終わってしまう。

つまり、それは、
店員がただ売ろうとしているだけの気持ちから出ている言葉であり、
はっきり言うと自己中心的な接客である。と思う。

だからとりあえず、
「ご試着できますよ」
「サイズ伺いますよ」
を禁句するところから始めた。

で何を言うかというと、
商品のことを極力言わないことにしてみた。

例えば、
「その持ってらっしゃるバックかっこいいですねー」とか
「なにかトレーニングをなされてるんですか?」とか。
褒められて嬉しくない人はあまりいないだろうし、
質問すれば、
「はい大丈夫です。」と切り抜けられることもない。
とりあえず会話が続く。

そうすればお客さんと自分が同じフィールドに立って会話ができる。
と思う。
「あれいいですよねー」とか
「ぁこれからランニング始めるんですかー」とか。

でそこからチャンスがあれば、
「実はこの商品はこんな機能があって・・・」
と言うと、興味を示してくれたりする。

あとは機能とか商品知識。
やっぱり、お客さんに聞かれたことは、
答えられるのが最もだし、
お客さんに聞かれた以上のことが答えられたら最高である。

だから、ランニングシューズひとつとっても、
このクッションにはこんな機能があるのか。とか
これはラストが広いのか、狭いのか。とか。

ウエアだったら、
これは何色展開であるのか。去年のモデルとどう変わったのかとか。

「おいくらですか?」と聞かれたときに、
タグを見なくても「¥○○です。」と言えるようにする。とか

やっぱり、商品のこと知らない店員から買いたくないじゃん。
自分がお客さんだとしたら、
店員が学生アルバイトか店長かなんて知ったこっちゃないし。

あとは外人の観光客。
やっぱり英語(苦笑)
「Should I get your size?」
「How is it?」
「I think the shoes go well with today's your style!」
「It looks really good on you!」
「May I have your signature here?」
などなど
超中学英語級の英文と、
TSUTAYAで見つけた
「店員のための英会話」という本に載っていた例文を覚えながら、やっている。(笑)やっぱり観光客は買うし、こないだなんてブラックカードのアルミニウムバ−ジョンの中国人来たからね、やっぱり中国人すごいよ。(笑)

だから接客すればするほど、
いまのこう言えばよかったと思うし、
あれ知っておけばよかった!と後悔するときもあるし、
あれ英語でなんて言うんだっけ・・・
と自分の英語力のなさを痛感するときもしょっちゅうあったり、
まだまだなんだけれど、とるあえず2月一番になるという、
ひそかな目標を達成したいななんて思う今日この頃なのです。


「今日の一枚。」

むこう2年間、
(望まれなく)相棒となってくれるであろう、Mac Book。
a0049167_9153647.jpg
[PR]

by shibapiero | 2009-02-10 09:03 | feel

BARNEYS NEW YORK 売却か。

昨日は10年ぶりくらいに、テニスをやった。
とても面白い。(笑) そりゃテニサーこれだけ多いのも一同納得。

先日受けたTOEICテスト結果が発表されたが、やはりTOEICは難しい。
英語といえば、僕はよく美藤君と笑い話にするのが、
中等部入学直後、小学校時代に英語教室に通っていた僕は、英語に対して妙な自信を持っていた。そしてイギリス帰りの美藤君に対して、「僕英語得意だよ。」といって、中等部初めての定期試験に臨んだ。
結果、イギリス帰りの美藤君は90点、英語が得意なはずの僕は30点・・・(笑)
そのトラウマを払拭するためにも、大学院卒業までには、なんとか750くらい欲しい・・・><苦笑

さてさて、今日はBARNYES NEY YORK。
新宿と、銀座、横浜元町に店を構える、
アメリカンセレクトショップの雄が、売価されるのか。というニュースがある。
(本当は、1月末に書きたかったんだけれど、少し遅くなってしまったから、今更って感もあるけれど・・・)
a0049167_9501821.jpg

思い出せば、2007年に、
ユニクロのファーストリテイリング(千代田区九段下)と、
UAEの政府系ファンドが、
BARNYES NEY YORKの株を競り合って、
結局UAEの政府系ファンドが買収したのは有名な話。

しかし、アメリカは承知の通り、
洋服なんて買っている場合ではない?景気の悪さ。
だから、その記事によると、
9億ドルで買ったのに、今では3-4億ドルしかないんだって。

どうするんでしょう。。。

一方の、ファーストリテイリングは元気がよくて、
ユニクロのみんな大好きヒートテックは、
今冬、完売御礼というスマッシュヒット!
2020年までに、経常利益2020億円にするという壮大な目標を掲げているそう。

当のBARNYES NEY YORKはというと、
少し、若返っているというか、
カジュアルなものがここ最近多くなっている印象がある。
だから自然と使う機会も最近多い。
たとえば、あのコタケヨシノリデザインのキャップとか、
最近はポーターともコラボやったり、
ブリーフィングによく別注をかけて新作をだしたり、
オロビアンコもたくさん扱っているし、
アロマキャンドルなど雑貨もたくさん種類がある。

だけど、実際、洋服があまり売れないのか、
ポイント加算キャンペーンの時期がいつもより、とても早かったり、
今でもかなりセール品が残っていたり、
確かに、調子はよくないのかもしれない。

政府系ファンドというのは、どうやら今では、はなくてはならない存在らしいけど、
まぁしかし、名前が本当に怪しいよね・・・


「今日の一枚。」
a0049167_941910.jpg
ペントアワード(世界唯一のパッケージデザインコンペディション)で、
プラチナムアワード(銀賞)を受賞した、
コカコーラのアルミニウムボトル。(USA)

誰が見てもコカコーラ!!って感じなんだけれど、新鮮で、クールでカッコいいよね。




ちなみに日本も、
「八起」という焼酎や、
「伊右衛門」、
ワックスの「UNO」がしっかり受賞しています!!



























あと、塾高&女子高の方々は、はがき届きました?
ゆっちょが中心となってやっている、「塾高-女子高連合大同窓会」。
あのはがき、さくらバージョン(3色)とハートバージョン(2種類)計5種類あります。
もう届いたと思うけど・・・なにが届くかはお楽しみです。
[PR]

by shibapiero | 2009-02-03 09:41 | fashion