<   2010年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

London - Tokyo。

先日の6日間のLondonへの旅で気付いた事を、忘れないうちにメモしたい。

英国をモデルに二大政党制を目指してきた日本。
最近では“新” 管首相が、「第三の道」という表現を使い、日本の針路を語っている。
言うまでもなく、「第三の道」はトニー・ブレア元首相が提言したものである。
(名付け親は、アンソニー・ギデンズと言われている。)

つまり日本という国家は、良いか悪いかは別にして、
英国をモデルにしているのは明白である。

ではTokyoとLondonはどうなのか。
クリエイティブ産業、シティの金融バブル・・、
90年代後半から00年後半までを一気に走り抜けたLondon。

しかし金融危機の影響をもろに食らったのもLondonである。
酸いも甘いも経験したこの街に、
閉塞感が漂う東京の現状を打破するヒントはあるのだろうか。

自分に足りない何かを探しに、
東京に欠けている何かを見つけにいった6日間。

走り書きではあるが、様々な違い、気付き、発見を身付けることができたのは、
個人的に何よりのお土産である。

しかしその前に、
ひとつ感謝しなければいけないことがある。

現地で歓迎してくれた、
野村、えーちゃん、秋吉兄弟、元田太郎、ゆかこちゃん・・

特に野村、えーちゃんは、1日かけてOxfordを案内してくれて、
1日で回れる限界量を提供してくれたと言っても過言ではないくらい、
濃密な時間であった。

この場を借りて、心から感謝したい。

唯一、心残りなのは、
タイミングが合わず、西室陽に会えなかったこと。
サッカー部を引退後、ブライトンビーチを眺めながら勉学に励む彼に一目会いたかったが、それはまた次回の楽しみか。

それでは走り書きだが、
気付いた事を忘れずにメモしたい。



◯きっとLondonのバブルが弾けたのは間違いないだろう。
しかしその余韻はおおいに見受けられ、
ベンツ、ポルシェ、BMW、フェラーリ、ランボルギーニ・・
高級車が至る所で走っていた。
また銀座店の面積の4倍はあるApple store、
世界最大のNIKE TOWN、
Louis Vuitton史上最もラグジュアリーな路面店・・。
バブル崩壊後、なかなかバブルの依存症から抜け出せなかった当時の日本のように、
Londonにもまだまだ金融バブルの余韻が残っていた。


◯(高城さんの言うように、)確かに、オーガニックブームであった。
高城さん曰く、Londonで一番敏感な人が集まっていると言う、
噂のオーガニックレストランのランチは満席で、
EAT.というスターバックス、マクドナルド並みの店舗数を構えるライトフードショプのポテトチップスは、
人参ポテチと、野菜ポテチというラインナップ。


◯外国人が多い。人種のるつぼであった。
お店の従業員も英国人ではないケースが多々見受けられた。
日本では、従業員が外国人の場合、まず中国か韓国人のみ。だいぶ違う。


◯日本という国、東京という都市の存在感は、ほとんど感じられなかった。
(日本食以外は。)


◯日本は世界地図のはしっこにある、不思議な経済大国。
お金持ちであり、英國や欧州にはない独特な文化を持った変わった国である。というのが一般的な認識のよう。
漫画、アニメ、カメラ、デジタル機器、あとはサムライ。


◯SONYのブランド力は健在で、VAIOを持つ事はちょっとしたステータスであるそうだ。


◯同様に、日本車は高級車である。みたい。


◯東京と売っているモノは変わらない。


◯TOP SHOPは勿論、H&M, ZARA, GAP, UNIQLO・・
Londonでもファストファッションの流れは鮮明で、店舗数も複数見うけられた。
逆にスーツなどの紳士服を取り扱う服飾店はSALEの文字が踊っていた。
これも日本、東京と同じ。


◯英国の若者男子に流行っているカジュアルブランド、「SUPER DRY」。
人気の秘密は「極度乾燥しなさい」のブランド和訳文字が刺繍されていること。
漢字ブームらしい。


◯英国製ブランド品は、やはり日本より数段安い。
クラークスのデザートブーツはどれも¥8,000程度安いし、
英国紳士御用達のチャーチも、日本より3割〜モノによっては4割程度安い。


◯価格はポンド安の影響もあり、
どれも日本より全体的に15%前後安い場合がほとんど。
しかし逆にApple製品は日本より20%前後高かった。
(乗り換えた香港空港では、逆に日本より20%程度安かった。)
Hong Kong<Japan<U.K


◯何においても階級社会だと感じた。
日本も格差は当然あるが、日本よりも生められない何か大きな格差(階級)があるように感じた。


◯野村とえーちゃんに案内してもらいOxfordにも1日滞在したが、
Oxfordは東京よりも時間の針がゆっくり流れているように感じた。
1日にいて、エスカレーターもエレベーターも無かったし、
ゆっくりと、でも確実に時を刻んでいる気がした。


◯OxfordもLondonも、
町並みに歴史があり、なにより古くからある建造物が当たり前のように点在する。
地震大国日本では、考えられない話であるが、
これらが英国紳士の佇まい、誇り、自国へのプライド・・それらのルーツになっていると感じた。
逆に日本の方が、新しい文化、モノを取り込むのがうまいなとも改めて感じた。


◯ArtやDesignの分野から発信が多いことにも頷けた。
古い建造物や文化が当たり前のようにある環境で生活することは、
それらからインスピレーションを受けることは必ずやあるだろう。
そもそもあの雰囲気に、ArtやDesignはよく似合う。


◯W杯期間中だったこともあるが、
サッカーに限らず、スポーツ人気は非常に高い。
ラグビー、テニス、クリケット・・文化として根付いていた。


◯一方、デジタルサイネージにはちょっとがっかり。
1年前まで、Londonはデジタルサイネージ(=電子看板)の世界最先端をいっていると言われていた。
特に地下鉄はすごいと。(東京同様、地下鉄文化ですからね。)

しかし行ってみると、
量、質、ともに、今は東京の方が完全に上回っていた。
電車内のトレインチャンネルだけでなく、今はJRの駅もそう、東京メトロのホームもそう、
店頭の前、スーパーの中、学校・・
この半年、1年くらいで、東京は至る所でデジタルサイネージが急増した。

そんなところでもLondonの金融がだいぶやられてるな、
と感じずにはいられなかった。


◯日本に比べると娯楽が少ないように感じた、
スポーツ、ミュージカル、映画、(夜の)クラブ、パブ。このいづれか、みたいな。
でもどれもカルチャーとしてしっかりと確立されいていて、
東京のようにいろいろ点在しているのではなく、それらが根をはっているような印象。


◯「本物」が多い。
本物の定義は人様々だが、
娯楽もしかり、文化もしかり、教育、建築、紳士服・・、
それぞれ脈々と受け継がれてきた「本物」が日本よりも圧倒的に多い。


◯ただそれは、新しいモノ、文化を取り込むに、
時間がかかるという印象。


◯なので新しいモノ、文化を持ち込み、発信するのは、
英国人ではなくて、英国に住む外国人なんだななと感じた。シティの金融もそうだよね。
きっとブレア政策の影響か。



以上、ざっとそんなところである。
足を運んで、見て、触って、感じる情報が、一番のリアルだと、
改めて感じることができた。








「今日の一枚。」
こう見ると、日本は世界の大陸の端っこにある、小さな島国。
いつも見ている日本仕様のではなく、世界基準の世界地図で改めて再確認できる。
a0049167_22485556.jpg
ちなみにこの色のプロットは、「世界平和度指数ランキング」。
青→赤の順に、安全から危険度が増していく。

この図は2009年のものであるが、
今月8日に、2010年のランキングが発表された。

1位 ニュージーランド
2位 アイスランド
3位 日本
4位 オーストリア
5位 ノルウェー

で英国は149カ国中31位で、 韓国が43位、中国は80位で、アメリカが85位。
W杯開催地の南アフリカは121位で、
ソマリアは148位で、最下位はイラク。

そういう観点からは、
国際競争力が無く平和ボケと言われつつも、日本はいい国でもある。。
[PR]

by shibapiero | 2010-06-20 23:02 | feel

JAPAZIL

昨日はパブリックビューイングにて観戦してましたが、
日本、惜敗でした。

しかし強化試合、トレーニングマッチでは「善戦」は大いに収穫ですが、
本番ではやはり結果が全て。内容ではなく、勝ちか、負けか、引き分けか。

デンマークはカメルーンに逆転勝利で、日本と同じく勝ち点「3」。
次節、2位争い直接対決。
突破か、敗退か。 期待しましょう。

さて一昨日は、
NIKE STADIUM TOKYOが昨日から展示第2弾、
[JAPAN+BRAZIL=TULIO] & [RED TIED TOGETHER RACE]をオープンなので、
そのシークレットオープニングパーティーが。

前回に引き続き、今回も相当Coolです。

a0049167_7162294.jpg
a0049167_7164055.jpg
a0049167_7171082.jpg
a0049167_7172642.jpg
a0049167_7174491.jpg
a0049167_71819.jpg
a0049167_7181064.jpg
a0049167_7183194.jpg
a0049167_7185026.jpg
a0049167_719555.jpg
a0049167_7193045.jpg
a0049167_7194518.jpg
a0049167_720198.jpg
a0049167_7201882.jpg
a0049167_7202933.jpg
a0049167_7203841.jpg



<NIKE STADIUM TOKYO-ナイキスタジアム トウキョウ>
東京都目黒区上目黒1-13-14 1F
電話番号: 03-6415-5715
営業時間:金曜日~日曜日 12:00~20:00まで(展示会期中に限る)
休館日:月曜日~木曜日







「今日の一枚。」
展示期間内は、このために特別に作られたイラストレーションを、
自分で自由に組み合わせて、Tシャツを作れるそうです、僕も作ってもらいました。
a0049167_7302266.jpg
a0049167_7295171.jpg
a0049167_7294237.jpg
NIKEのロゴ、スウォッシュは、
NIKEの規定上、逆さにしてはいけないことになっているので、
本物だけど逆さになっているのは、相当レアかもしれません。
ワガママ聞いてもらいました、ありがとうございます!
[PR]

by shibapiero | 2010-06-20 07:34 | trend

Finance & Art

10 pictures : DAY-5

a0049167_23164583.jpg
a0049167_22555077.jpg
a0049167_23314852.jpg
a0049167_2333289.jpg
a0049167_2374439.jpg
a0049167_2344293.jpg
a0049167_235216.jpg
a0049167_23122433.jpg
a0049167_2362836.jpg
a0049167_2361638.jpg







「今日の一枚。」
旅を共にした、海外志向の強いトシ。
a0049167_23175125.jpg
しっかり者の彼ですが、
1日に20回は「オーストラリア」という単語が出てくるし、
30回は「海外ではああいうガタイのいい奴らを相手にしなきゃいけねぇんだよ」と言い、
50回は「ぁぁもぅ海外しかないっしょーー」と連発するし、
彼と一緒に1週間生活するのはなかなかのタフさが必要です。。
[PR]

by shibapiero | 2010-06-16 23:27 | feel

Street & Luxury

10 pictures : DAY-4

a0049167_1511878.jpg

a0049167_15295923.jpg
a0049167_1531720.jpg
a0049167_1531458.jpg
a0049167_15323131.jpg
a0049167_15421518.jpg
a0049167_15333967.jpg
a0049167_15353988.jpg
a0049167_23424317.jpg
a0049167_1537891.jpg







「今日の一枚。」
秋吉に、Mandarin Oriental Londonのラウンジバーに連れてってもらったら、
隣の席がAerosmithでした。
a0049167_15392336.jpg
秋吉の右手の美女は秋吉の妹で、
左手の美女は山下ゆかこチャン、達郎の彼女です。
[PR]

by shibapiero | 2010-06-16 15:39 | feel

Authentic

10 pictures : DAY-3

a0049167_16131928.jpg
a0049167_16153461.jpg
a0049167_16173165.jpg
a0049167_16201981.jpg
a0049167_16221786.jpg
a0049167_16241411.jpg
a0049167_162805.jpg
a0049167_1636849.jpg
a0049167_16382754.jpg

a0049167_16552481.jpg






「今日の三枚。」
「世界をつかもうの会©」 イギリス支部を緊急開催して、
みんなで船を漕ぎました。
a0049167_16405230.jpg
a0049167_1643187.jpg
a0049167_16442572.jpg

[PR]

by shibapiero | 2010-06-14 16:55 | feel

Cheers!

10 Pictures : DAY-2

a0049167_17251121.jpg
a0049167_17271629.jpg
a0049167_17292460.jpg
a0049167_17313357.jpg
a0049167_17332020.jpg
a0049167_17362238.jpg
a0049167_17381057.jpg
a0049167_17521585.jpg
a0049167_17402767.jpg
a0049167_17454955.jpg






「今日の一枚。」
meets TARO MOTODA.
a0049167_1748342.jpg

[PR]

by shibapiero | 2010-06-13 17:49 | feel

“何か” @London

昨日から僕はLondonにきている。

怒濤のスケジュールを一段落させ、
いくつかのアポイントメントを取りやめて、6日間の海外逃亡である。
a0049167_17411075.jpg
a0049167_1743265.jpg

機を見て、ロンドンに行こう。
実は1年程前からそう決めていた。

3,300万人が暮らす世界最大の都市、東京。
幸せにもそのど真ん中で僕は23年間のほとんどを過ごしてきた。

ウマい店も、流行の発信地も、土地勘も、それなりに知っているつもりだ。
効率的だし、便利だし、街として何不自由ない。

しかし、“何か”が足りない。
1年前ほど前から、言葉にならない物足りなさを感じていた。

その何かを身付けるのに、Londonは最高の場所であると。
なぜならこの10年で酸いも甘いもLondonは味わってきたからである。


「社会などというものは存在しない、あるのは個人と家庭だけ。」

僕らが生まれた1986年、
鉄の女サッチャーは英国病を克服へ、金融ビッグバンなる大規模な規制改革を行った。
それを機に、アメリカをはじめとする外資がロンドンの金融街シティへ流れ込んだ。

それから10年後の、97年に、
「第三の道」という独自の路線を謳ったブレアが登場する。

クリエイティブ産業に多額の出資を行うとともに、
「人と金は外から集めろ」と、あらゆる規制を緩め進め、
いわゆる「ウィンブルドン現象」が起きた。
サッカーのプレミアリーグのオーナーや選手のほとんど外国人になったのも一例である。

金融の世界は規制緩和の代表例で、外国人に対する優遇政策を取り続け、
海外の金融機関はロンドンの金融街、シティへと次々に拠点を置くようになった。
中でもオイルマネーを狙い、イスラム金融のために税制のルールまで変えたことは有名だ。

こうして世界の人とカネが10年間のうちに一気に流れ込んだロンドン。
空前の好景気だったという。

しかし9.11をキッカケに、その神話は崩れていった。
イラク戦争へ加担するブレアのやり方は、
国内外から致命的な反感を買ったのは記憶に新しい。

新米的なブレアの後を担った、経済畑のブラウンはさらなる悲劇に見舞われた。
「サブプライム問題」を発端とする金融危機である。
それは世界のカネの中心になっていたシティを直撃した。
ブレア政権の財務相を担い経済成長に貢献した彼だけに、なんとも皮肉な話である。

巨額のオイルマネーや新興国マネーが集められたロンドン・シティ、
それらがニューヨーク・ウォール街へと投資され、
アメリカと二人三脚で駆け抜けた空前の熱狂は、
「リーマンショック」で完全に幻と潰えてしまった。

そして今年、日本と同じく政権交代が起こった。
キャメロンが舵をとるイギリスの未来は未だわからないが、
いまU.Kが、Londonが、混乱、変化の真っただ中であることは間違いない。

混乱、変化・・
今の日本、東京もそうである。
巷ではそれを抜け出せない状況を「閉塞感」とも言っている。


サッチャー政権が登場した1980年代後半、
藤原ヒロシと、高城剛はLondonにきた。
前者はここでヴィヴィアンウエストウッドに出会い、音楽とファッションの世界にのめり込んだ。
後者は世界を自分の目で見る事の大切さを学んで今に至る。

ブレア政権が登場した1996年、
Louis Vuitton CELUXのBranding Directorも務めた源馬大輔もLondonに来た。
そしてBROWNS社に入社したことをキッカケにファッションとブランディングの世界へ。

みんな20代前半で、
ろくに海外経験もないままとにかく海を渡り、
それは共通してLondonだった。

そして今年、
キェメロン政権が登場した2010年、
僕もここにきた。

たった6日間かもしれないが、
東京に、自分に足りない“何か”を見つけてかえりたい。


今日はこれから、
マーケットでLondonのリアルを見て、
Louis Vuittonが先々週オープンさせた、ブランド史上最もラグジュアリーな造りなメゾンに行き、
夕方からは、多摩美術大学を卒業し、ロンドンのLCCと言う大学院で、
グラフィックデザインとブランディングを学んでいる、
Taro Motoda 君に会ってきます。

a0049167_17462988.jpg

a0049167_1720533.jpg







「今日の一枚。」
引き分けましたね・・。
a0049167_17572846.jpg

[PR]

by shibapiero | 2010-06-12 17:59 | feel

サッカーノート。

「最近何やってるの?」という問いを頂くことが多い。
それは正直に、すごく嬉しい。
けれども、それに対して分かり易く答えることは意外と難しい。

Keio Media Designという大学院と、
Wieden+Kennedy Tokyoという広告代理店と、二足の草鞋を履いていて、
いま改めて数えてみると大小合わせて11のプロジェクトに首を突っ込んでいる。

なのでどうしても説明が長くなりがちで、つまらなくなる。
(だからたまに「いろいろやってる。」と8文字にまとめてしまうことも。。)

ただこれは目に見える分かり易い成果物だと思うので紹介したい。

W+Kのプロジェクトで、
サッカー少年達に向けてNIKEのサッカーノートを作った。
いわば練習帳、練習日記である。
a0049167_9541462.jpg

話が始まったのは今年の初め頃だったと思うが、
いままでのW+Kのプロジェクトの中で、
僕が最もアイデアや意見を言えて、それがほぼ全部具体化されたので、
個人的には思い入れ深いものとなった。
a0049167_9555499.jpg
a0049167_956468.jpg


既に90,000冊を全国のサッカー部及びサッカーチームに配布し、
イベントも実施。
a0049167_9551484.jpg
a0049167_9552117.jpg
a0049167_9553768.jpg


電車の中や、どこかのシーンで、
このノートを使ってくれているサッカー少年を見かけられたら嬉しい。

ちなみに一般配布は今日までなんだとか。
(こないだ知った。)




今日はIMC TOKYO@幕張メッセで喋った後、
とんぼ返りで東京に戻り、
(時間に余裕があれば10ACの展示会を覗き、)
夜は内定者懇親会です。








「今日の二枚。」
先週末に、鎌田(本物)&吉村と昼飯を食いました。
a0049167_1055195.jpg
a0049167_106125.jpg
撮影者は鎌田(偽物)。w
[PR]

by shibapiero | 2010-06-10 10:15 | soccer

Who is my boss?

ド◯モのCMじゃありませんが、
金曜日はw+kの僕のボス、Shigのsend-off partyでした。

I did not know about anything when I first joined W+K.
However, thanks to Shig, who gave me guidance, I have learned a lot.
Shig's work passion really inspires and motivates me.

I miss you,
bud I think it's wonderful that you will be working at Apple,
a company that everyone around the world dreams of working for.

Special thanks to shig!
I hope to see you soon.

a0049167_8442534.jpg
a0049167_8444375.jpg
a0049167_845014.jpg

Michiyo-san
a0049167_9265371.jpg

Ted-san
a0049167_8451274.jpg

Shun-san
a0049167_8452324.jpg

NIKE Taka-san and Toyo-san
a0049167_8453367.jpg

Frank's baby!!
a0049167_846578.jpg
a0049167_846172.jpg
a0049167_8462959.jpg
a0049167_847082.jpg

My boss and my hero.
a0049167_8471381.jpg








「今日の一枚。」
LOUIS VUITTONがFIFAから注文を受けて作った、
優勝トロフィー専用トラベルケース。7/11決勝でトロフィー贈呈の際に披露されるとか。
a0049167_916915.jpg

[PR]

by shibapiero | 2010-06-06 09:17